自由診療紹介 -取扱製品-内服・外用薬 内服治療-

内服治療とは?

一部の「シミ」を治療する時には内服治療を併用する事があります。いわゆる「シミ」と呼ばれる状態は部分的に皮膚のメラニンが増え、周りの皮膚よりも茶褐色調を帯びた状態を指し、医学的には様々な疾患・状態の総称です。つまり一言で「シミ」といっても、その診断によって治療法、経過など違ってきます。当院ではいわゆる「シミ」の中でも臨床的に肝斑・炎症後色素沈着と判断された症例に対して内服治療を行っています。具体的には下記のものを使っています。

このページの先頭へ

ビタミンC(アスコルビン酸)

図1)ビタミンCの錠剤

図1)ビタミンCの錠剤

図2)ビタミンCの構造式

図2)ビタミンCの構造式

レモンなどの柑橘類を始めとする果物や野菜などに多く含まれるビタミンCは1927年にハンガリーのS.ジエルジーによって壊血病予防因子として分離されました。ビタミンCの薬理作用はコラーゲンの合成、副腎でのホルモン合成、体内に発生する活性酸素の除去、腸管での鉄吸収を高めることによる貧血の予防、ニトロソアミンの生成抑制作用によるがん予防効果など多彩です(図1, 2)。
肌に対する効果としては酸化型メラニンに対する還元作用、チロシナーゼ活性抑制、DOPAキノンをDOPAに還元することなどがあり、「シミ」や「くすみ」の色調の原因となるメラニンの産生を抑えることによる美白作用があります。
また紫外線照射により発生する活性酸素が真皮のコラーゲン線維の破壊、減少を引き起こし、シワの形成に関与していると考えられていますが、ビタミンCの活性酸素を除去する作用がそれらの肌の老化も防ぐ働きもあると言われています。
本剤は肝斑、炎症後色素沈着に対して処方します。肝斑に対してはビタミンCと後述するビタミンEをそれぞれ単独で服用するよりも、ビタミンCとEを同時に服用した方がその効果が高くなるという報告があるので、2剤を同時に処方することが多いです。通常、内服1~3ヶ月頃より改善が認められるようになりますが、肝斑の場合は内服を中止すると1ヶ月半~3ヶ月ぐらいで再び色調が濃くなることが多いので、特に紫外線の強い時期は長期間服用を行うことがあります。一時的な炎症後の色素沈着の場合、症状が軽快すれば内服は終了となります。しかし内服するだけでなく、実際には日焼け止めなどの紫外線対策や美白剤、生活指導なども十分行い、総合的に治療することが大事です。

このページの先頭へ

トランサミン(トラネキサム酸)

図3)トラネキサム酸の錠剤

図3)トラネキサム酸の錠剤

図4)トラネキサム酸の構造式

図4)トラネキサム酸の構造式

トラネキサム酸とは古くから抗炎症作用、抗アレルギー作用や止血作用を目的として風邪薬を始めとして各種の医薬品に配合されているものです。肝斑に対してもその有効性が報告され、現在では肝斑治療における選択肢の一つになっていて、市販薬(トランシーノ®)としても購入が可能になっています(図3, 4)。
肝斑の原因についてはっきりとは解明されていませんが、その一つとして、紫外線を浴びたり、妊娠したり、経口避妊薬を服用したりすると体の中のプラスミンという物質の活性が上がり、それが表皮にあるメラノサイトというメラニン色素を産生する細胞を刺激することでメラニンの産生が亢進(=メラニン色素が増える)し、色調が濃くなると考えられています。トラネキサム酸が肝斑にどのように効くのかについては正確には分かっていませんが、トラネキサム酸自体にはプラスミンの働きを抑える作用もあるので、これを服用するとメラノサイトに対する刺激を抑え、色調が濃くなっている部位のメラニンの産生が普通の状態まで抑えられるようになるのではないかと考えられています。
本剤は肝斑に対して処方を行います。通常、内服1ヶ月頃より改善が認められるようになりますが、飲むのを止めると1ヶ月半〜3ヶ月ぐらいで再び色調が濃くなることが多いので、特に紫外線の強い時期は長期間服用を行うことがあります。肝斑が紫外線、炎症やホルモンバランスの乱れで悪化、再燃することがあるので、トラネキサム酸を服用するだけでなく、紫外線対策、生活指導なども十分行い、総合的に治療することが大事です。

このページの先頭へ

ビタミンE(α-トコフェロール)

図5)ビタミンEの錠剤

図5)ビタミンEの錠剤

図6)ビタミンEの構造式

図6)ビタミンEの構造式

植物油やナッツ類に多く含まれるビタミンEは1936年にアメリカのエバンスらによって抗不妊因子として発見された脂溶性ビタミンです(図5, 6)。
その重要な生理作用は抗酸化作用です。体の中の一つ一つの細胞を形作る細胞膜や細胞の中のミトコンドリア、ライソゾームなどの微小器官を構成する生体膜は多価不飽和脂肪酸を豊富に含んでいますが、酸化ストレスに弱く、過酸化脂質へ変化しやすいです。そうなると細胞膜や生体膜を傷め、異常細胞を形成したり、細胞の死が早まったりします。食品などに「酸化防止剤」として添加されていることもあるビタミンEはこれらの多価不飽和脂肪酸が過酸化脂質へと酸化されることを抑える働きがあります。生体膜安定化作用および過酸化物生成の抑制作用は循環器、神経、内分泌、血液、生殖などの機能の維持に重要な役割を果たしています。
皮膚においてはビタミンEの抗酸化作用がメラニン生成過程を抑制したり、メラニンを還元したりすることで美白作用を発揮すると考えられています。また、この抗酸化作用はビタミンCと同様に紫外線照射によって皮内で発生する活性酸素を除去するので、真皮内のコラーゲン線維の破壊などから生じるシワなどの肌の老化を防ぐ働きが考えられています。
本剤は肝斑、炎症後色素沈着に対して処方します。肝斑に対してはビタミンE、ビタミンCをそれぞれ単独で服用するよりも、ビタミンEとCを同時に服用した方がその効果が高くなるという報告があるので、2剤を同時に処方することが多いです。通常、内服1~3ヶ月頃より改善が認められるようになりますが、肝斑の場合は内服を中止すると1ヶ月半~3ヶ月ぐらいで再び色調が濃くなることが多いので、特に紫外線の強い時期は長期間服用を行うことがあります。一時的な炎症後の色素沈着の場合、症状が軽快すれば内服は終了となります。しかし内服するだけでなく、実際には日焼け止めなどの紫外線対策や美白剤、生活指導なども十分行い、総合的に治療することが大事です。

このページの先頭へ

ご予約・ご質問など、お電話・メールにてお気軽にお問合わせください。 当院は完全予約制となっております。メールでの予約は受け付けておりませんので、お手数ですがお電話でのご予約をお願いいたします。

天神形成外科クリニック 〒810-0001 福岡市中央区天神2-4-12 コスモ天神ビル 3F
お電話でのお問合わせ Tel:092-738-1155 Fax:092-738-1156 診療時間 / 月~水、金 9:30~13:00 14:30~18:30 木、土 9:30~13:00 休診日 / 日曜日・祝祭日
メールでのお問合わせ メールでのお問合わせは、下記のボタンよりお願い致します。内容を確認後、随時ご返答させていただきます。

メールでのお問合わせはこちら

このページの先頭へ