保険診療紹介 -傷、傷跡-

傷、傷跡とは?

普通、人の皮膚は一定以上の傷を受けると何らかの傷あとが残ります。その傷あとの程度は、傷の種類・深さ・大きさ・部位の他に傷を受けた本人の体質・年齢・性別・他の病気の有無などによって様々です。

軽い擦り傷などは1~2週間でかさぶたが出来てふさがり、それが取れた後には赤味がかった新しい皮膚が出来ています。この場合、その後2~3ヶ月で白くなり、もとの皮膚のようになります。しかし、深い傷や2週間以上もかかって治るような深いやけどの場合は、その後しばらく赤みをおび、硬くなります。しばしば痒みも伴います。このような状態が次第におさまり、白く柔らかい傷跡になるには6ヶ月から1年程度かかると言われます。

また肩や胸などのケロイドの好発部位に傷を受けた場合や炎症が長く続き治癒が遅くなった場合などは傷あとの組織が皮膚の表面より盛り上がり、醜い傷あとになりやすいです。これらの程度は個人差によって異なりますが、受傷後のケアによっても大きく左右されます。顔などの隠すことができない部位の傷跡は患者さん自身に及ぼす影響も極めて大きいので、適切な処置が必要だと考えます。

このページの先頭へ

傷、傷跡の治療は?

治療はまずどの組織にどのような損傷を受けたかを診断することから始まります。そのために傷をきれいして傷口をよく観察します。骨折などが疑われる場合は大きな病院でのレントゲン撮影が必要になるかもしれません。擦り傷は湿った状態(湿潤環境)にて治療する方が治りも早いし、傷跡もきれいになるので、細菌感染に注意し、傷口を乾かさないように適切な塗り薬を使いながら治療していきます。切れたり、裂けたりした傷の場合、特殊な縫合材料と形成外科的手技を用いて傷跡が出来るだけ目立たなくなるように閉じていきます。傷跡が目立たなくするためには、ケガしたときの処置だけでなく、その後のケアも重要です。必要に応じて、飲み薬、塗り薬、テーピングなど処置を続ける場合が多いです。また、けがによる傷跡や手術後の傷跡がかなり目立った状態で残ったりしている場合にはいったん傷跡を切り取り、特殊な手術手技と縫合材料を用いて縫い直すことで目立ちにくくする事が出来る場合もあります。

傷あとは、直接生命に関わるものではありませんが、その悩みは本人以外には解らないものがあります。傷、傷跡で気になるものがある場合、どうぞ遠慮無くご相談ください。

当院は完全予約制で診療を行っているため、急を要する治療には予約の状況によっては対応出来ない場合があります。その場合は他の施設などをご紹介させ ていただくこともありますので、あらかじめご了承ください。

ご予約・ご質問など、お電話・メールにてお気軽にお問合わせください。 当院は完全予約制となっております。メールでの予約は受け付けておりませんので、お手数ですがお電話でのご予約をお願いいたします。

天神形成外科クリニック 〒810-0001 福岡市中央区天神2-4-12 コスモ天神ビル 3F
お電話でのお問合わせ Tel:092-738-1155 Fax:092-738-1156 診療時間 / 月~水、金 9:30~13:00 14:30~18:30 木、土 9:30~13:00 休診日 / 日曜日・祝祭日
メールでのお問合わせ メールでのお問合わせは、下記のボタンよりお願い致します。内容を確認後、随時ご返答させていただきます。

メールでのお問合わせはこちら

このページの先頭へ

保険診療紹介