保険診療紹介 -爪 爪甲下外骨腫-

爪甲下外骨腫とは?

足の爪の下から出てきた爪甲下外骨腫

足の爪の下から出てきた爪甲下外骨腫

爪甲下外骨腫とは主に足の親ゆび先の骨から出てくる骨の腫瘍です。腫瘍が大きくなるにつれて、親ゆびの爪の先端や横の方が盛り上がり、変形を生じてきます。腫瘍が大きくなると圧痛も生じるようになります。

このページの先頭へ

爪甲下外骨腫の治療は?

ゆびを根元から麻酔し、爪の横の皮膚に切開を加え、腫瘍を摘出します。この腫瘍は術後再発する場合が多いので、術後も十分に経過を観察する必要があります。

ご予約・ご質問など、お電話・メールにてお気軽にお問合わせください。 当院は完全予約制となっております。メールでの予約は受け付けておりませんので、お手数ですがお電話でのご予約をお願いいたします。

天神形成外科クリニック 〒810-0001 福岡市中央区天神2-4-12 コスモ天神ビル 3F
お電話でのお問合わせ Tel:092-738-1155 Fax:092-738-1156 診療時間 / 月~水、金 9:30~13:00 14:30~18:30 木、土 9:30~13:00 休診日 / 日曜日・祝祭日
メールでのお問合わせ メールでのお問合わせは、下記のボタンよりお願い致します。内容を確認後、随時ご返答させていただきます。

メールでのお問合わせはこちら

このページの先頭へ

保険診療紹介