保険診療紹介 -爪 後天性被角線維腫-

後天性被角線維腫とは?

足の爪の付け根から出てきた後天性被角線維腫

足の爪の付け根から出てきた後天性被角線維腫

手足の爪の根元の皮膚と爪の間から出ている数mm大の表面がやや固い肌色の腫瘍です。痛みなどの症状はありませんが、腫瘍が大きくなるとその部分より先の爪が凹んでくることが多いです。原因ははっきりとは分かっていませんが、軽微な外傷が関係していると推察されています。

このページの先頭へ

後天性被角線維腫の治療は?

ゆびを根元から麻酔し、腫瘍の周りの皮膚を丁寧に剥がします。そして爪母などの爪の根元の組織を傷つけないように注意しながら、腫瘍だけを慎重に切除します。腫瘍が小さく、爪の変形が軽度であれば、術後爪の変形は改善する可能性が高いです。

ご予約・ご質問など、お電話・メールにてお気軽にお問合わせください。 当院は完全予約制となっております。メールでの予約は受け付けておりませんので、お手数ですがお電話でのご予約をお願いいたします。

天神形成外科クリニック 〒810-0001 福岡市中央区天神2-4-12 コスモ天神ビル 3F
お電話でのお問合わせ Tel:092-738-1155 Fax:092-738-1156 診療時間 / 月~水、金 9:30~13:00 14:30~18:30 木、土 9:30~13:00 休診日 / 日曜日・祝祭日
メールでのお問合わせ メールでのお問合わせは、下記のボタンよりお願い致します。内容を確認後、随時ご返答させていただきます。

メールでのお問合わせはこちら

このページの先頭へ

保険診療紹介