保険診療紹介 -悪性腫瘍 有棘細胞癌、扁平上皮癌-

有棘細胞癌(ゆうきょくさいぼうがん)=扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん)(squamous cell carcinoma; SCC)とは?

もみあげのところに出来た有棘細胞癌

もみあげのところに出来た有棘細胞癌

SCCとは表皮の角化細胞の悪性増殖による癌です。高齢者の日光を浴びていたところ(顔や手など)や昔のひどい火傷やケガの跡などから出てくることが多いです。最初は小さな瘤の様なものから始まり、数ヶ月の間で急速に大きくなります。中心部に潰瘍を形成して、細菌感染を起こすと独特の悪臭を放つようにもなります。この癌はリンパ節などに転移する可能性が高いので早急に治療を行う必要があります。

このページの先頭へ

ボーエン病の治療は?

組織診断により診断が確定したら、画像診断などによりリンパ節。遠隔転移の有無を検索し、病期を決定してから具体的な治療方針を決めていきます。この疾患の治療は大学病院などで総合的に行う必要がありますので、肉眼的に疑わしかったり、「生検」(病変部の一部を小さく切り取り、その部分だけを顕微鏡で調べる検査)でSCCの診断が出たりした場合は早急に適切な施設へ紹介させて頂きます。

ご予約・ご質問など、お電話・メールにてお気軽にお問合わせください。 当院は完全予約制となっております。メールでの予約は受け付けておりませんので、お手数ですがお電話でのご予約をお願いいたします。

天神形成外科クリニック 〒810-0001 福岡市中央区天神2-4-12 コスモ天神ビル 3F
お電話でのお問合わせ Tel:092-738-1155 Fax:092-738-1156 診療時間 / 月~水、金 9:30~13:00 14:30~18:30 木、土 9:30~13:00 休診日 / 日曜日・祝祭日
メールでのお問合わせ メールでのお問合わせは、下記のボタンよりお願い致します。内容を確認後、随時ご返答させていただきます。

メールでのお問合わせはこちら

このページの先頭へ

保険診療紹介