保険診療紹介 -悪性腫瘍 基底細胞癌-

基底細胞癌(きていさいぼうがん)とは?

法令線のところに出来た基底細胞癌

法令線のところに出来た基底細胞癌

比較的頻度の高い皮膚癌で壮年・高齢者の顔面に見られることが多いです。最初はほくろの様な小さなものが徐々に大きくなってきます。病変部の辺縁が黒褐色で蝋の様な光沢を持ち堤防状に盛り上がり、中心には潰瘍を生じている場合が多いですが、盛り上がりに乏しいものや色合いがそこまで黒くないものもあり、実際にはその見た目は様々です。基底細胞癌は皮膚癌とはいえ、転移することは稀です。しかし、これを放置していると正常組織を破壊しながら増殖するので早期の治療が必要となります。

このページの先頭へ

基底細胞癌の治療は?

診断の際にはダーモスコープが有用です。これで特徴的な所見が観察され、基底細胞癌である可能性が高い場合は確定診断と治療を兼ねて腫瘍全体の切除を行うこともあります。ただ、他の腫瘍との区別が難しい場合はまず「生検」という病変部の一部を小さく切り取り、その部分だけを顕微鏡で調べる検査を行い、診断を確定した後に腫瘍全体の手術を行います。

腫瘍を切除する時は取り残しが無いように腫瘍よりも数ミリ大きめに、深さは皮下脂肪を充分つけて切り取ります。腫瘍が比較的小さい場合、傷口はそのまま縫い寄せることが出来ます。しかし腫瘍が大きく、そのままでは傷口を縫い寄せられなかったり、無理矢理縫い寄せることで傷口の近くの瞼や口角などが引っ張られ、変形を生じたりするような場合は「局所皮弁」といって周りの皮膚に少し切開を加え、その部分の皮膚をずらしながら傷口を覆ったり、「植皮」といって他の部分からの皮膚で傷口を覆ったりすることもあります。いずれの場合においても、腫瘍を完全に取り切るだけでなく、術後の傷跡や変形が出来るだけ少なくすることで整容的にも十分に満足のいく結果を目指しながら計画・実行していきます。腫瘍が小さな場合は局所麻酔で手術を行うことが可能ですが、腫瘍が大きい場合は大学病院などで全身麻酔での手術が必要になる場合もあります。

腫瘍が完全に取り切れている場合、術後の化学療法や放射線療法などは一般的には不要です。ただし、定期的に外来で経過を観察する必要はあります。

ご予約・ご質問など、お電話・メールにてお気軽にお問合わせください。 当院は完全予約制となっております。メールでの予約は受け付けておりませんので、お手数ですがお電話でのご予約をお願いいたします。

天神形成外科クリニック 〒810-0001 福岡市中央区天神2-4-12 コスモ天神ビル 3F
お電話でのお問合わせ Tel:092-738-1155 Fax:092-738-1156 診療時間 / 月~水、金 9:30~13:00 14:30~18:30 木、土 9:30~13:00 休診日 / 日曜日・祝祭日
メールでのお問合わせ メールでのお問合わせは、下記のボタンよりお願い致します。内容を確認後、随時ご返答させていただきます。

メールでのお問合わせはこちら

このページの先頭へ

保険診療紹介