保険診療紹介 -体幹 副乳-

副乳とは?

腋の前縁にある副乳

腋の前縁にある副乳

ヒトにおいて通常では乳房は前胸部に左右一対しかありませんが、ときおり通常とは異なった場所に
乳頭・乳輪あるいは乳腺組織が存在することがあり、これを副乳といいます。これは生まれつきのものであり、左右の腕の付け根とその同じ側の足の付け根を結ぶライン(乳線:milk line)上であればどこにでも生じる可能性がありますが、腋の前の方や正常乳房の下内側に存在する場合が多いです。実際には表面が褐色のあざの様に見えたり、皮膚の下のしこりとして触れたりします。
副乳のある方は稀ではなく、左右ともにある方、
一側だけにみられる方もあり、女性、男性ともに起こり得ます。女性では生理前のホルモン分泌の多い時期(黄体期)
には副乳が腫れて痛みを伴ったりすることや、妊娠授乳期では乳汁を分泌したりするような場合もあります。

このページの先頭へ

副乳の治療は?

副乳自体は基本的には正常乳腺同様、病気が生じなければ放置しておいて大丈夫です。
ただし、わきの下にしこりがある場合に他に考えられるものとしてはリンパ腺、汗腺や皮脂腺の病気などもあり、その正確な診断は難しいので、
気になるしこりを気づかれたら、一度専門医を受診されるのが良いのではないでしょうか。治療をご希望される場合、局所麻酔下に切除することになります。その場合も副乳を切り取った部分は特殊な縫合材料と形成外科的手技を用いて傷跡が出来るだけ目立たなくなるように縫い合わせていきます。傷跡が目立たなくするためにはその後のケアも重要です。必要に応じて、飲み薬、テーピングなどの処置を続けていきます。

ご予約・ご質問など、お電話・メールにてお気軽にお問合わせください。 当院は完全予約制となっております。メールでの予約は受け付けておりませんので、お手数ですがお電話でのご予約をお願いいたします。

天神形成外科クリニック 〒810-0001 福岡市中央区天神2-4-12 コスモ天神ビル 3F
お電話でのお問合わせ Tel:092-738-1155 Fax:092-738-1156 診療時間 / 月~水、金 9:30~13:00 14:30~18:30 木、土 9:30~13:00 休診日 / 日曜日・祝祭日
メールでのお問合わせ メールでのお問合わせは、下記のボタンよりお願い致します。内容を確認後、随時ご返答させていただきます。

メールでのお問合わせはこちら

このページの先頭へ

保険診療紹介

このページは只今作成中です。お手数ですが、しばらく経ってから再度お越しください。