保険診療紹介 -良性腫瘍 眼瞼黄色腫-

眼瞼黄色腫とは?

上、下眼瞼内側に出来た眼瞼黄色腫

上、下眼瞼内側に出来た眼瞼黄色腫

主に中年以降の方の上・下まぶたの鼻寄りの部分に出現する平たく盛り上がった黄白色調の腫瘍です。真皮の浅いところに脂質が溜まることで起こりますが、血液中の脂質の量は正常である場合が多く、詳しい原因は分かっていません。痛み・痒みなどの症状は特にありませんが、徐々に大きくなるため受診される方が多いです。

このページの先頭へ

眼瞼黄色腫の治療は?

腫瘍が小さい場合、局所麻酔を施し、腫瘍をぎりぎりの大きさで皮膚全体を切除します。その後は縫った傷がまぶたのシワの方向に沿うように注意しながら、細い針糸を使って丁寧に縫合します。傷の部分も直後は少々赤みがありますが、時間とともに白くなり、最終的にはほとんど目立たなくなります。腫瘍が大きく、切り取った後をそのまま縫ったのではまぶたの引きつれを起こす可能性が高い場合、近くの皮膚を植皮したり、周りの皮膚に切開を加えてずらしてきたり(皮弁形成)することもあります。この場合も最終的な傷が出来るだけ目立ちにくくなるように注意しながら手術を行っています。

ご予約・ご質問など、お電話・メールにてお気軽にお問合わせください。 当院は完全予約制となっております。メールでの予約は受け付けておりませんので、お手数ですがお電話でのご予約をお願いいたします。

天神形成外科クリニック 〒810-0001 福岡市中央区天神2-4-12 コスモ天神ビル 3F
お電話でのお問合わせ Tel:092-738-1155 Fax:092-738-1156 診療時間 / 月~水、金 9:30~13:00 14:30~18:30 木、土 9:30~13:00 休診日 / 日曜日・祝祭日
メールでのお問合わせ メールでのお問合わせは、下記のボタンよりお願い致します。内容を確認後、随時ご返答させていただきます。

メールでのお問合わせはこちら

このページの先頭へ

保険診療紹介