保険診療紹介 -良性腫瘍 老人性血管腫-

老人性血管腫とは?

胸部~腹部にかけて多発している老人性血管腫

胸部~腹部にかけて多発している老人性血管腫

加齢とともに体や腕に見られるようになることが多い直径3ミリ〜豆粒程度までの半球状に盛り上がった赤い光沢のあるイボです。真皮の浅いところで毛細血管が拡張・増殖することによって起こります。「老人性」という名前がついていますが、実際には20才ごろから出てくる人もいます。

このページの先頭へ

老人性血管腫の治療は?

局所麻酔を施し、高周波メスで浅く削り取ります。術後は軟膏処置で傷を治していきます。血管腫の治療に使用するレーザーを照射することでも治療が可能です。

ご予約・ご質問など、お電話・メールにてお気軽にお問合わせください。 当院は完全予約制となっております。メールでの予約は受け付けておりませんので、お手数ですがお電話でのご予約をお願いいたします。

天神形成外科クリニック 〒810-0001 福岡市中央区天神2-4-12 コスモ天神ビル 3F
お電話でのお問合わせ Tel:092-738-1155 Fax:092-738-1156 診療時間 / 月~水、金 9:30~13:00 14:30~18:30 木、土 9:30~13:00 休診日 / 日曜日・祝祭日
メールでのお問合わせ メールでのお問合わせは、下記のボタンよりお願い致します。内容を確認後、随時ご返答させていただきます。

メールでのお問合わせはこちら

このページの先頭へ

保険診療紹介