保険診療紹介 -良性腫瘍 血管脂肪腫-

血管脂肪腫とは?

肘~前腕にかけて多発している血管脂肪腫(印のついたところ)

肘~前腕にかけて多発している血管脂肪腫(印のついたところ)

血管脂肪腫とは腕や体などに多発する皮下腫瘍です。大きさは直径1cm程度までのものが多く、脂肪腫に比べると小さめです。顕微鏡で見ると脂肪細胞の間に小血管が多く入っていて、触ると境界がはっきりとして脂肪腫に比べると硬い感じがします。自発痛や圧痛が認められることが多いことも特徴の一つです。

このページの先頭へ

血管脂肪腫の治療は?

腫瘍の直上の皮膚を切り、その下にある腫瘍を取り出します。皮膚を切る際にはその後の傷跡が目立ちにくくなるように、切開の方向はシワに沿って、必要最小限の皮膚切開になるように留意しています。腫瘍を取り出した後は、皮膚切開部を細い針と糸で丁寧に縫合します。

ご予約・ご質問など、お電話・メールにてお気軽にお問合わせください。 当院は完全予約制となっております。メールでの予約は受け付けておりませんので、お手数ですがお電話でのご予約をお願いいたします。

天神形成外科クリニック 〒810-0001 福岡市中央区天神2-4-12 コスモ天神ビル 3F
お電話でのお問合わせ Tel:092-738-1155 Fax:092-738-1156 診療時間 / 月~水、金 9:30~13:00 14:30~18:30 木、土 9:30~13:00 休診日 / 日曜日・祝祭日
メールでのお問合わせ メールでのお問合わせは、下記のボタンよりお願い致します。内容を確認後、随時ご返答させていただきます。

メールでのお問合わせはこちら

このページの先頭へ

保険診療紹介